生意気を持て余しているので

時間と生意気を持て余した女子大生の雑記ブログ。一番新しいものを除き、お気に入りの記事順に時系列バラバラで並べ替えてあります。

アキさんという名の男

 

 

f:id:eat_marshmallow:20180930032257j:plain

 

 

 

彼の名は、アキさんといった。

 

 

 

死神のような男だった。

出会った人全てを石にしてしまいそうなくらい綺麗な顔をしていて、183cmはあるだろう身長に黒いスーツがよく似合っていた。その日は雨が降っていて、新宿伊勢丹の前で黒い傘をさして佇んでいた姿は今でも忘れられない。絵になる、とはこういうことだと思った。

美しい人だった。

 

 

新宿三丁目に四季の路という通りがある。

あぁそうだ。私に新宿の、とりわけ三丁目という場所を教え込んだのはアキさんであった。

 

 

一番最初のデートで、四季の路にある京料理屋さんに連れていってもらった。

まだ21歳そこそこだった私は、なんて素敵な場所を知っているんだろう、と感動すると同時に、アキさんが京都出身だとわかって納得した。

私も海外に住んでいた頃は日本料理屋の場所だけは詳しかったものだ。

あっけからんとした京都弁が心地よかった。

 

「大抵のことはさ、どうでもいいんだよ」というのが彼の口癖で、

ドジっ子な私が遅刻したり、忘れ物をしたり、(余計な御世話であるのはわかっていたが)アキさんの仕事の悩みを心配したりすると、いつもそうやって言って笑っていた。

「ポイントを押さえておくんだよ。人生で、大事なポイントを。最低限これだけは絶対に譲れないという点を自分で決めておくんだ。そうしたら、それ以外は案外どうにかなるもんだよ。だから、君もそうやって生きな。」

アキさん、それいいね。私は頷いた。

 

アキさんのような綺麗な男が、なぜ私とこんなにも会ってくれるのかわからなかったが、

彼は飽きずに私と二週間に一回会っていた。

 

出会ってからもう何回季節を超えたのだろう。

 

「なんで私とこんなに会うの?飽きるでしょう」

いつだったかそう聞いた時、

「俺、君といるの好きなんだよね、あと俺、君の顔が好きやねん」

とさらっと言われた。

変わった男だな、と思った。

控えめに言っても私は決して美人じゃないし、どこにでもいる女子大生だ。アキさんの顔ならモデルと付き合っていてもおかしくないのに。

「私もアキさんといるのが好きだよ。」

ゆっくりと、心をこめて、本心で伝えた。

私も、アキさんといる、あの、なんとも言えない中途半端な空気が好きだった。

 

 

遊ぶネタは尽きなかった。

ビリヤードとダーツが得意というアキさんに、初めてバグースに連れて言ってもらった時、本当に楽しかった。

アキさんは何度も丁寧に私にビリヤードを教えてくれて、私は教えてくれるアキさんを失望させないように、本気で上手くなろうと必死で遊んだ。

3回目の勝負でアキさんに勝った時、死ぬほど嬉しかった。

嬉しすぎて、まるで女子高生のように飛び跳ねてアキさんに抱きついた。

この、飛び跳ねている、

21歳の、学生の、私を。

この瞬間、永遠にしようと思った

私の中でも、アキさんの中でも、永遠にしようと思った。

  

でも本当は知っていたよ。わざと負けてくれたこと。 

 

君は才能あるなぁ。俺に勝つなんて。

笑いながら言ってくれるアキさんを見た時、泣きそうになった。

わざと負けてくれて、褒めてくれるだなんて、まるで父親のような愛情に崩れ落ちてしまいそうだった。

そういうところが好きだった。

 

そうだ、私はアキさんのそういうところが好きだったのだ。

 

彼はちょっと変わっているところもあって、

いわゆる、ザ、JAPAN的な変態でもあった。

私がハロウィンかなんかの前後に高校の時の制服を着て行ったら、えらく喜ばれたのを覚えている。

遠目から見ていたいと言って、私とアキさんの距離を前後に20m保ったまま新宿の地下通路を歩いたりもした。

「せっかく着ているのに、どうせなら近くで見てよ。」と笑いながら言ったら、「こういうのは遠くから見てる方がいいんだ。」と謎の理論を語られ、それもそれで面白くって悪い気はしなかった。

それに、そんな変わった性癖を言ってくれるくらい、アキさんが心を許してくれているのがわかって、なんだか嬉しくなったりもした。

 

ところで、私は毎日勝負下着をつけているのだが、これも彼から言われたことだった。

「いつ倒れてもいいように、いつ死んでもいいように。最後、人に見られる姿が気を抜いている不本意なものだったら死んでも死にきれないでしょ。」

21歳の女子大生からしたら、そんなことはどうでもよかったし、身近に死を感じたことなんてなかったけれど、そういうものなのか。と思って、アキさんに下着を選んでもらった。

それは毎シーズン続いていて、春も、夏も、秋も。

私たちは下着屋に行っては、まるでカップルのような顔をして、二人で真剣に選んだ。

私が、いつ死んでもいいように。 

いつ誰に下着を見られてもいいように。

 

そんなこんなで、アキさんといることによって私はいろんなことを学んだ。

いろんなことを勉強できて、私は、彼と会うたびに、一歩ずつ大人になっていたように思える。

 

でも、

 

いつからだろう、

わかっていた。

これが永遠じゃないことなんて、

ちゃんと、きっちり、私は、わかっていた。わかっていたよ。

 

アキさんは、支払いにカードを使わない。

一度ふと見えてしまった財布の中身は、現金以外何一つとして入っていなかった。

suicaも無記名の物だった。

アキさんは、お店の予約を私の名字で予約する。

私は、アキさんの名字すら、知らなかったのだ。

 

 

怖かった。どうして今まで気づかなかったのだろう、

あんなに、私の前で笑ってくれているアキさんが、

あんなに楽しい時間を一緒に過ごしたアキさんが、

いろんな話をしたアキさんが。

本当はアキさんじゃないかもしれないだなんて。

 

 

何も知らない。私は、彼の、何も知らない。

 

 

そう気づいてからは早かった。

一方的に搾取されている気になった。

私だけが、アキさんに、全て吸い取られているような気持ちになった。

 

 

知りたかったわけじゃない。

別に、アキさんのことを端から端まで知りたかったわけじゃない。

アキさんと付き合いたかったわけでもない。

アキさんの家に行きたかったわけでもない。

 

 

ただ、私は、

彼と、対等になりたかっただけなのだ。

 

 

生まれとか、育ちとか、仕事とか、給与とか

そういうことじゃなくて、

私が彼のことを好きだったくらい、好きになって欲しかったとか

そういうことじゃなくて、

 

 

ただ、

 

 

私がアキさんを信頼していたのと同じくらい、

 

 

どうか、信頼して欲しかったのだ。

 

 

 

年収とか家とか、そんなことを知ったら私が態度を変える女だと思った?

名前で会社を知られるのが怖かった?何かに悪用するかと思った?

 

 

それとも、

刹那的じゃなく愛されてしまうと思った?

 

 

考えれば考えるほど、もう限界だと思った。

私だけが搾取されているような状態で、もう彼の笑顔を見られないと思った。

 

 

「好きな人ができたので、もう会えないです。」

嘘だ。そんな人いない。でも、こうするしかない。

お酒の力を借りて、深夜に勢いで送信した。そのまま間髪入れずブロック。そしてそのまま連絡先削除。

もう、二度と会えないように。もう、二度と、嘘を訂正できないように。

 

 

あぁあの時、酔った勢いで連絡先を消しておいて本当によかったと思う。

 

 

だって、ものすごく会いたいのだ。

未だに、ものすごく会いたいのだ。

 

 

アキさん、ビリヤード、やっぱり才能あった見たい。ここのところ負け知らずだよ。

アキさん、大学の友達にセーラー服を着ているところを見られたら年齢考えろって笑われちゃったよ。

アキさん、あれから下着はちゃんと自分で選ぶようになったよ。

アキさん、あの歌舞伎町の中華屋さん、もう一度行きたかったな。

話したいことは山積みで、宛名のない手紙も崩れるほど重なったけれど

 

 

私は、元気でいるよ。

 

 

心配事も少ないよ。

 

 

 

ただ、ひとつ、今も思い出すよ。

 

 

なんてことは、まるでないのだけれど。

 

 

 

-アキさんという名の男-

 

 

天体観測

天体観測

 

xxx

初めて会った日のことは今でも覚えている。

渋谷のちょっと高めのイタリアンを食べにいったのだ。

 

私は自分の目の前に座る、異常に顔が整った男に緊張を隠せなくて、

動揺を誤魔化すように酒を飲んでいた。

ここまで綺麗な人と飲むのは生まれて初めてだった。

 

どんな人が好きなの?と言うお決まりの質問に対して、こちらもテンプレの「10個以上歳上が好き」という一言を伝えると、

「闇が深そうだね笑」

と彼は笑った。って初対面で失礼か。思い直したように彼は言うと、「なんでそうなってしまったの?」と優しく聞いて来た。

 

正直、私の闇など大して深くはなかった。

ただ、わかりやすく暗い過去はあった。

私には父親がいなかった。中学生の時に愛人の元に出ていってしまったのだ。

当時父は30代後半だった。そのせいか、私は今でも30代の男に執着してしまう。

そして母が狂っていくのを目の前で見ていたため、何があっても自分は不倫だけはしまい、と心に誓っていた。

14歳の中学生が、母親が狂っていくのを目の前で見ていく。今思えば、地獄のような年月だった。

 

だがしかし、その程度の過去だった。誰しも一つや二つ、ある話でしょう?

ワイングラスを回しながら淡々と自分の過去を話す私を見て、

「そういうのを闇が深いっていうんだよ」と彼は微笑んだ。

 

夏が過ぎて、

秋が過ぎて、

冬が来て。

もうすぐ春。

男との関わりが生活の一部になっていた。

お互い干渉しない性格のくせにマメなのが幸いして、連絡が途切れることはなかった。

 

 

大学に行きたくない。

痩せたい。

将来が不安。

友達がさ。

この間こんなことがあってね。

 

 

馬鹿みたいに日常生活を報告していた。

男は飽きずに聞いてくれたし、私も男の日常を聞いていた。

 

たまに会って、体を重ねて、時に友達のようにバカな遊びをしたり、ただ談笑して別れた夜もあった。

 

「この関係性に名前をつけるのはやめよう」

 

どちらが言い出したかわからなかったが、それが私たち二人の暗黙のルールだった。

 

 

「これ、会社で使ってる公用の写真なんだけどさ、どう?」

ピロートークで会社で使用しているプロフィール写真を見せられた時、会社名とフルネームを初めて知った。

「かっこいいんじゃないかな」

適当なことを言って起きながら、頭の中で必死にフルネームの漢字の綴りと会社名を反復した。

 

結局、干渉しない、なんて格好つけたことを言っていても、自分を一時的に愛してくれる男の素性は気になるものだ。

もしかしたらこの時にはもう、男をただの「友達」として見れていなかったのかもしれない。

 

 

中学時代の友達と渋谷でカラオケオールして、深夜1時、途中、自分だけ抜けて男に会いに行った夜、誰に対してかわからない罪悪感で叫び出しそうだった。

そんな自分が嫌いじゃなかった。

また一歩、大人になれた気がした。

待ち合わせしたドン・キホーテでのキス。

見られてもいいパブリックな関係なのかという錯覚が気持ちよかった。

この人に出会えて良かった

今まで何度もそう思った。

 

 

 

 

名前を検索したのはちょっとした出来心からだった。

自分の知らない彼の何かがあるのかも。

2018年を生きる女子大生にとって、エゴサーチは当然の行為だった。むしろ、検索をかけるのが遅いくらいだった。

 

 

 

そこで、気づいた。

 

 

 

 

 

彼は、

彼には、

 

 

 

 

 

奥さんと、子供がいた。

 

 

 

 

 

 

あぁ、なんで。

 

 

 

 

意味がわからなかった。

絶対に、不倫だけはしまいと決めていたのに。

 

私は、

 

しないと、

 

決めていたのに。

 

 

何度お前と愛し合ったと思ってるんだ。

 

 

人生を狂わされた気がした。

私が決めた軸を、勝手に揺るがせやがって。

 

 

自分が絶対に超えてはいけない一線を超えてしまったと気づいた瞬間、押し隠していた彼への気持ちに気づいた。

 

 

 

 

 

実は、

 

多分、

 

好きだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

笑うと目尻に皺ができるところも、

生粋の関西弁も、

身長が高いところも、

強がっているけど本当は寂しがり屋なところも、

私以上に歪んでいるところも、

 

 

 

 

全部ひっくるめて、大好きだった。

 

 

 

 

そして皮肉なことに、

 

 

 

 

その、彼は、

 

絶対に私のものにはならない。

 

 

 

 

気持ちが抑えられないくらい愛し合ってから、私は全てに気がづいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…あぁ、いや、違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい。嘘をつきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

本当は、違う。

 

 

 

 

 

 

初めて関係を持った夜。

 

相手がシャワーを浴びている間、

とっさにテーブルに置いてある財布の中の免許証を見た。

名字も住所も知らない男に抱かれるわけにはいかない。それは一種の防衛反応だった。念のために写真も撮った。

次の日の朝には名前を検索した。

その時から、

 

 

全部、全部、全部、全部、

 

 

本当は知っていた。

 

 

初めから、全部知っていた。

 

 

 

なぜか家の場所を言いたがらないこと。

なぜか土日だけLINEの返信が途切れること。

なぜか仕事と言って朝4時には一人で帰ってしまうところ。

 

 

 

全部全部、ほんとうは、知ってた。

 

 

 

 

ごめんなさい。

 

知った上で、ずっと離れられなかった。

 

 

 

一目惚れでした。

 

 

 

好きでした。

 

 

ごめんなさい。

 

 

 

ごめんなさい、7年前の、裏切られた母の手を握って、寝ている私。

 

ごめんなさい。ごめんなさい。

ごめんなさい。

 

 

ごめんなさい。

 

 

もう、ちゃんと、卒業します。

 

 

 

不倫は、何も、生まない。

誰も幸せになれない。

誰も、幸せになれないんですよ。ねぇ。

 

わかっていたのに。

 

きっと、誰よりも、わかっていたはずなのに。

 

交通事故と同じで、いざ自分がその身になってみると、身動きが取れない。

 

 

 

今、不倫している人たちに向けて、

やめたほうがいいとか、そんなこと言う気はさらさらない。

そんなこと言う権利すらないです。

 

 

 

でも、これだけは言える。

 

 

幸せになりたかったら、

 

 

自分を一番愛してくれる人と一緒になったほうがいい。

 

 

二番目なんて、二番目で、あなたのいいところだけ相手に吸わせて

そんなの、勿体なさすぎる。

私は一番愛されるために生まれてきたのに、

 

どうかお願いだから、目を覚ましてと言いたい。

 

 

あなたは、

わたしは、

きっと知らないんだろうけど、

一番に愛される喜びは、

 

二番目に愛される、比じゃない。

 

 

どうか、どうか。

愛されてください。

泣かないで。

大丈夫、所詮恋愛。あなたもわたしも強いから、大丈夫。

ほら、割り切ったふりなんてしなくていい。

割り切らなくたって、愛されること、そろそろ気づいたほうがいい。

 

 

ねぇ。

 

 

今ならまだ、戻れるよ、

 

ね。

 

きっと。

 

大丈夫。

 

私が、約束するから。

 

ね。

 

 

 

 

 

 f:id:eat_marshmallow:20180302024201j:image

 

 

 

ーxxxー

※この物語は、全て、フィクションです。

煙をはずすとき

  

 

 

f:id:eat_marshmallow:20180817182741j:image

 

 

 

久しぶりに、終電を逃した。

恵比寿にいた。

 

 

正確にいうと久しぶりではないのだが、

女はいつでも今が初恋だというように、私にとって終電を逃すという行為はするたびに新しさを意味するものだった。

 

クラブに行って朝まで踊り狂う選択も決して悪くなかったが、 わざわざ渋谷か六本木にタクシーで移動するのも気が引けたし、何しろ踵の高い靴がそれをより妨げた。

 

 

ここは恵比寿だ。

バーなら困らない。

私は朝までどこかで飲む選択をした。

 

 

 

マティーニ。知的な愛。

必ず飲むカクテルだった。

格好つけすぎだとは思ったが、意味合いはともかく、酔いがとにかく早く回るのが好きで、バーではいつもマティーニを飲んでいた。

2杯飲んだあたりで酔いはすでに回っていた。

頭と裏腹に体は正直だ。

トイレに行くたびにフラフラしてしまうのを必死に隠し、私は煙草片手にひたすら飲み進めていた。

 

 

気づけば2時を回った頃だったと思う。

隣に一人の男が座った。

洒落たバーには似合わない、ヨレたポロシャツを着ていて、とっさに警戒する。

女が一人で飲んでいると声をかけられるのは日常茶飯事だ。

仕方がない。

せっかくなら真剣佑か城田優と飲みたかったが、仕方がない。

終電を逃す選択をしたのは自分だし、目を引くような格好をしているのは自分だ。

 

 

「終電、もうないの?」

生ビールを飲みながら心なしか嬉しそうに彼は聞いてきた。

「ないですよ笑 もうこんな時間だし。」

オリーブを口に含む。

大事なのは、慣れていると思わせること。

終電を逃した地方上京女子だと思われ舐められてはたまらない。食われる。

「君、若いよね、何歳?」

おいおいキャバクラじゃないんだから、と思いながらも「22です。」と正直に答える。嘘をつけるほど素面じゃない。

「若っ、俺の娘と同じくらいじゃん。」

娘がいるのか、と安心した。

結婚指輪はこういう時に役立つと思う。男が女を口説く時には、まず安心感を与えることが大事だ。この人は私に手を出してこない。そう思った女は一気に気を許す。

「そうなんですね!!そうかぁ、娘さんいるんだ。大学生?」

そうだよ。彼は嬉しそうに話し始めた。

娘がいること。息子もいること。自分は高卒だから子供には私大を出て欲しかったこと。

 

あぁなんだ、いいパパやってるんじゃん。

 

ヨレたシャツも途端に勲章に変わる。

 

 

 大学のこと、進学のこと、将来の不安をひとしきり話したところで、少し間が出来た。彼の目線が私の手元に集中する。

「お前、なんで煙草吸ってんだよ。」

急にキレ気味に問いかけられて、なんなんだと思った。別にいいではないか。

さっきまで楽しく話していたのに。緩急激しすぎるだろ。

それに、煙は吸うも吐くも自由とくるりも言っている。

「別に。ダメですか?」

それにここはバーだし。わざわざ喫煙にお前の許可などいらないであろう。

 

「やめろよ。煙草。」

 

彼氏かよ。彼氏じゃないんだからほっといてくれよ。

急にめんどくさくなったな、と思い自分の中のスイッチを切り替える。

「別に私の自由じゃないですか?今時珍しいものでもないでしょう。」

マティーニはもうなくなっていた。酔いが回っていたのは重々承知だったが、格好がつかないのでお代わりを頼む。

「なんで吸ってんだよお前。」

彼は、相変わらず有り余る不機嫌を隠さずに私に突っかかってきた。

うわー、マジで急にめんどくさくなった。

どうしたどうした、さてはお主、酒癖が悪いタイプでござるな?

「まぁ色々あって。吸い始めるようになって。ぶっちゃけまだ二ヶ月もたってないんだけれどね。」

言い訳させてほしい。

酔っていた。

割と本気で、適当にあしらえないくらいには酔っていた。

 

 

 

 

前に好きだった人が、吸っていたんです。

 

ぽろっと口からでたその言葉の流れは、とめられなかった。

前好きだった人が、ずっと吸っていて。私といる時も、私と寝る前も、寝た後も。

吸っていて。

その匂いが忘れられなくて。だから、全く同じものを吸ってるの。

本当は吸うたびに気持ち悪くなっちゃうんだけれど、やめられないの。

きっとやめたら、忘れちゃうから。

忘れたくなかったこととか、忘れるべきなのに忘れられないこととか。

 

あぁ何を話している自分。こいつに話すべき話じゃない。余計拗れる。

わかっていた。わかっていたけれど、とめられなかった。

 

これ以外、吸ったことがないんです。

だって、意味がないから。他のもの吸ったって、彼にはなれないし、意味がないから。

 

 

私の話を聞いた後、

彼はふっと笑って、一言、言った。

 

 

 

それはお前、

 

 

 

 

  

 

お ま え じ ゃ な い じ ゃ ん。

 

 

 

 

後ろから急に鈍器で殴られたような衝撃が走った。

あぁ、と思った。

私は一瞬で、彼の、言葉の意味を理解した。理解してしまった。

 

それは、おまえじゃない。

彼は繰り返した。

「それはそいつが吸ってるんだろ。おまえの過去の、その男が吸っているだけだ。

だから、やめろよ。」

彼は言った。

さっきまでのおちゃらけた顔とは裏腹に、真剣な顔で。大人の、父親の顔で。

 

 

「それは、わたしじゃない。」

私も繰り返した。

私じゃないのかな。私じゃないのかもしれない。どこかでわかってはいたんだけれど。

 

 

吸いたきゃ吸えばいい。ぶっきらぼうに彼は言った。

でも、なんでそいつと同じものを吸うんだよ。吐き気を感じてまで、同じものを吸うなよ。吸いたいなら、おまえが吸え。

それを吸っているのはお前じゃない。

 

お前の好きだった男じゃないか。

 

 

マティーニは減らない。

なんでこいつは、そこまで、わかるんだ。

ラクラした。それはきっと、飲みすぎたマティーニと、なれない煙草のせいでもあったのかもしれないけれど。

 

 

私は、泣いていた。

 

 

ギョッとした顔でマスターに見られる。

見るな。さっきまで格好つけてカクテルを飲んでいたのが台無しだ。

そうだよ、悪いか。泣いているんだ、私は。

 

まるで、

飼い主に怒られた犬のように。

まるで、

父親に怒られた娘のように。

 

 

  

皮肉なものだ。私には父親がいなかった。

 

 

 

 

ずっと、誰かに怒ってほしかったの。

 

 

 

それは、友達や、女の人じゃ意味がなくて。

怒ることは、愛だから。

ずっと、父親に怒ってもらいたかった。

例えば自転車で車を傷つけたとき、ゲームでイカサマをしたとき、テストで悪い点をとったとき、門限に間に合わなかったとき。

そんなとき、ただ、怒ってくれるだけでよかった。

だって、怒ることは、愛、だから。

なんで、お前煙草吸ってるんだよって。

そんな奴は俺の娘じゃない。って。

怒って欲しかった。怒ってよ。怒れよ。

 

 

感情が止まらない。

自分の父親と目の前の冴えない男が重なる。

重なって、元に戻る。

彼は、違う。違うけれど、どこかの娘の父親なのだ。

そして、彼も、私をどこかの娘だとして、怒っている。

 

 

連絡先を交換したかった。

禁煙に成功したら、それを報告したかったのと、もしかしたらまたこの人が自分のことを叱ってくれるかもしれないという下心を含めて。

でも、「嫁にバレちゃうからさ」とはにかんで断って彼は、もう完全にわたしの手の届かないところにいた。

そういうところも、いいじゃない。好きよ。

いつだって私は、誰かに助けられて、生きている。

 

 時に、予想していなかった出会いが、その人の人生を大きく変えてしまう。

だから東京は好きなのだ。

まだ出会っていないであろう人々が交差する街だから。

私の人生はきっとまだまだ変わると信じさせてくれるから。

そういえば、煙草を吸うきっかけになった彼と出会ったのも恵比寿のバーだったな。

 

 

 

お会計で。

 

 

 

震えた手でカードを渡す。

空はもう薄紅色に染まっていた。生ぬるい風が、頰を撫でる。

秋が、くる。私の春は、憂う間もなくとっくに過ぎたのだ。

 

 

超える間も、なく。

敬う間も、なく。 

カバンに手を伸ばす。ためらいを許さず、私は。

空き箱を握りつぶした。

 

 

 

ー煙をはずすときー